子どもたちと学ぶパソコン 目次
子どもの知的成長とパソコン学習
学ぶ力、考える力とIT
ネット検索で楽しみ、学ぶ
インターネット世界の探検

子どもの知的成長とパソコン学習

  パソコンや、インターネット、スマートフォンなどの普及とともに、子どもたちの生活環境は大きく変わってきています。ここでは、子どもたちの知的成長・発達とスマートフォンやパソコン、インターネットなどIT技術との関係について考えてみましょう。
  私たちは、ITシステムの発達が子どもたちの成長にとって良いか悪いかを全般的に語るつもりはありません。というよりも、そんな一般論や「哲学」を語っているうちにどんどんテクノロジーは進歩発展してしまい、どうしても社会の実情に立ち遅れてしまうと考えるからです。
  小中学校から大学まで、もはやITシステム・技術は「利用して当然」のコミュニケイション手段となっているうえに、子どもたちが成長して職業人となれば否応なくパソコンやインターネットを使わざるを得なくなるという環境にあるのです。

  今私たちおとなにできるのは、子どもたちの知的成長・発達にできる限りプラスになり、人間として勤労市民として生きる知恵を身につけることができるようにITシステムに親しみ、安全で健全な利用方法、活用技術を考え出して、押しつけがましくなく、また本人たちが選択の目を育めるように、子どもたちに提供することではないでしょうか。
  そこで私たちは、子どもたちの成長過程に見合ったパソコン学習のシステムやプログラムをつくることを試みようと思っています。
  そんなこと学校に任せればいいじゃないか、そんな意見も出てきそうです。ですが、子どもたちにとって学習の機会は多様であることが望ましいと考え、私たちは民間の小さなパソコン教室として、以上の課題に挑み、学習方法、学習ステップついて具体的に課題的や問題提起してみようと思います。

  私たちおとな側としては、日進月歩するIT技術の知識を理解するのは不可能です。そこで、少なくとも子どもたちが学んでいくために役立つパソコン学習の基本についてのイメイジを持つことが大切ではないでしょうか。
  そういうイメイジを持つためには、私たちおとな自身もパソコンの使い方の基本を学ぶことが必要になっているのではないでしょうか。少なくとも、子どもたちとともに学ぶ姿勢や、子どもとともにネット検索をしたり、ネットサーフィンを楽しんだりする経験は必要になるのではないでしょうか。
  その意味では、むしろ大人たち、親たちの世代がパソコンやITを使い、学ぶ機会を増やすべきではないでしょうか。

|  次のページに進む  |